ペルシャ絨毯 ギャラリーユイ GALLERY YUI

ペルシャ絨毯 ギャラリーユイ GALLERY YUI

ガラス・陶磁器

 

商品画像 品名
YG.87 英国飾り皿

YG.87 英国飾り皿

グラヴィール飾り皿(イギリス) サイズ: 直径 20.7cm 1820年頃の飾り皿です。お皿を一周するように、リボンや葡萄の文様が細かく彫られています。 繊細な中にも存在感のある、素敵なお皿です。  
YG.80 カットガラス 花器

YG.80 カットガラス 花器

品名: クリスタルフラワーベース サイズ: H19.5cm  鋭いカットが特徴的で魅力的な花器です。 花器の口の部分はシルバー925と、濃紺のエナメルでの装飾が素敵です。  
YG.332 Carlsbad 花器

YG.332 Carlsbad 花器

カースルバッド(オーストリア) 品名: 草花文花器 産地: オーストリア サイズ: H15.3cm 径7.8cm 年代: 1900−1909 はっきりとしたコバルトと、やわらかな色の釉薬と金彩にて、大輪の花木が装飾されてます。大ぶりで凛と咲くマグノリア(木蓮)でしょうか。日本でもオーストリアでも愛される花ですね。  
YG.329 DAVENPORT 皿

YG.329 DAVENPORT 皿

ダヴェンポート窯(イギリス) 品名: 金盛装飾菊花文図飾皿 産地: 英 スタッフォードシャー  年代: 19世紀後半 サイズ: 22cm 英国ダヴェンポート窯の素晴らしい菊花文皿です。ここは技術性高い作品を製造してましたが、その会社の期間は短いものでした。当時人気のあったジャポニズム様式で、この濃いコバルトに対し、繊細ながらも力強い菊花のゴールドのコントストが美しい作品です。  
YG.326 Emile Galle 陶器花器

YG.326 Emile Galle 陶器花器

エミール・ガレ (フランス) 品名: ファイアンス花器 サイズ: H28cm  径8.5cm 産地: フランス マイゼンタール 1889年パリ万博へ出品されたモデルです。ナンシー派美術館に同一作例が所蔵されています。ロココ様式と日本様式が見られる折衷主義的な作品です。ナンシー地区の代表的な花、アザミも活き活きと表現されている素晴らしい作品です。  
YG.318 Emile Galle 花器

YG.318 Emile Galle 花器

エミール・ガレ(フランス) 品名: エナメル彩花器 サイズ: H22cm 径10cm 産地: フランス マイゼンタール 年代: 1890-1894 アンバー色の素地を型吹きにて成型し、エッチングやエナメル彩、金彩にて装飾された見事な花器です。「星状の花」と訳された白い可愛らしい花が描かれてます。同じ装飾の香水瓶がフランス、ストラスブール近代美術館に展示されてます。アンバー、控えめなピンクや赤など、色彩的にもデザイン的にも、落ち着いた上品な作品です。
YG.299 Daum Nancy 花器

YG.299 Daum Nancy 花器

ドーム (フランス) 品名: 薊文花器 サイズ: H12cm 口径5.5cm 年代: 1902年 アザミがモチーフの優しい印象の角型花器です。 ピンクと黄色のガラスを練りこんだ素地に、エッチングにて輪郭を浅く浮かび上がらせ、エナメル彩にて絵付けを施した美しい作品です。アザミは、ナンシーがあるロレーヌ地方のシンボルとして、数多くの作品のモチーフになってます。  
YG.285 ユーゲントシュティールタイル

YG.285 ユーゲントシュティールタイル

品名: ユーゲントシュティールタイル サイズ: 約21cm×21cm 製造: Georg Schmider,Vereinigte Zeller Keramische Fabriken        ゲオルグ・シュマイダー社 (ドイツ) 年代: 1907年 このタイルは、家具用にポーセリン(磁器)にて作られているので、薄くて軽いのが特徴です。  
YG.284 ユーゲントシュティールタイル

YG.284 ユーゲントシュティールタイル

品名: ユーゲントシュティールタイル サイズ: 約21cm×21cm 製造: Tonindustrie Offstein Albertwerke GmbH          オフシュタイン・タイル工場(ドイツ) 年代: 1900年代 
YG.282 ユーゲントシュティールタイル

YG.282 ユーゲントシュティールタイル

品名: ユーゲントシュテュールタイル サイズ: 約21cm×21cm(額込) 製造: Dusseldorfer Tonwarenfabrik AG (通称DT−AG)     デュッセルドルフ・タイル工場(ドイツ) 年代: 1906年 デザインは、ダルムシュタッド芸術村在住の建築家ルドルフ・ボッセルト(Rudolf Bosselts )です。このタイルはハーフタイルを二枚合わせて、一枚のタイルにしたものです。どの本にも載ってないくらい貴重で幻のタイルと言われてます。

 | ホーム |